入学を希望する人が増加|自宅で資格を取得できるキャリアカレッジジャパンを知る

自宅で資格を取得できるキャリアカレッジジャパンを知る

ドクター

入学を希望する人が増加

男の人と女の人

働きながら通うことも可能

少子高齢化により、多くの医療機関で人手不足となっている現在では、看護師の求人件数が増加しています。そのため看護師としての就職を希望し、看護学校に入学する人もまた、多くなっています。看護師の資格は、看護学部のある大学および短大でも取得が可能です。しかし一般的に看護学校の方が学費が安いことが多く、経済的な理由でこちらを選択する人は多くいます。また、看護学校の中には夜間に授業をおこなっているところもあり、この場合は社会人でも働きながら通うことができます。そのため看護師への転職を希望している人からも、看護学校には高い人気があります。さらには偏差値の幅もやや広く、その分志望校を学力にあわせて選択しやすいと言えます。

倍率が高く

上記のようなメリットがあることから、看護学校への入学を希望する人は多く、その分現在では倍率が高くなってきています。さらに偏差値も全体的に上がりつつあり、特に都市部では、合格の目安となる偏差値が60以上という看護学校が増えてきています。しかし、偏差値45ほどでも入学可能という看護学校もあります。偏差値が低めでも、看護師の国家試験の合格率は90%以上と高めとなっているところも多く、そういった看護学校にも高い人気があります。また昨今では、寮があり、そこで暮らしながら通うことのできる看護学校も増えています。実家から通える範囲に看護学校がないという人でも、看護師をめざすことができるようになったため、この点も倍率の高まりの理由のひとつとなっています。